2010年05月11日

「第3弾」「事業仕分け」に思う・・・

こんにちは!

 民主党が第3弾の仕分けを発表とニュースで出ている。

第1回目は国民の関心は高かったが

第2回目は関心はあるものの懐疑的になってきている。

どうしてかな?

小生が思うに、国民が望む事業仕分けから

かい離しすぎているためだと思う。

私たちの血税を無理無駄に使い、

お金が足りないから消費税へ転嫁しようとしている。

国民はここに怒りを感じているのと

生活そのものの不安が押し寄せているので

怒っていると思うのである。face09

だからお金が足りなければ

1.政党助成金を仕分けすべきである。

  年350億円の節税である。

2.日本を守らない米軍への「思いやり予算」

  を事業仕分けすべきですね。

  これで年1兆円節税。年5兆円使っている。

3.天下りを禁止して公益法人への不要不急の

  助成金を廃止。高級官僚が天下りした先の

  給料を庶民並みにする。現行2000万円位を
 
  年200万円に。(国民の給料は200万位が80%である。)

記事をご紹介ーーーー

 ≪公益法人など78候補判明=20日から仕分け後半戦

 政府の事業仕分け第2弾の「後半戦」で対象となる公益法人などの

候補が10日、明らかになった。

日本宝くじ協会(総務省所管)や全日本交通安全協会(警察庁所管)など12省庁の78法人。

同日から国会議員の「仕分け人」が所管省庁のヒアリングを開始したが、

さらに絞り込みや追加対象を検討した上で、

18日の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)で最終決定する。

 事業仕分け後半戦は20、21、24、25日の4日間。各事業の必要性に加え、

国や独立行政法人(独法)からの天下りの実態や独占的な契約になっていないかなどを精査し、

無駄をあぶり出す。

 国所管の公益法人は約6600あるが、

(1)国や独法からの収入が半分以上を占める

(2)官僚OBの天下りを受け入れている-などの条件から仕分け対象を選んだ。≫


第3弾は国民の目線でやってもらいたいものだ。

第2弾の仕分け人は「小泉さんを助けた財界・学者・御用学者で構成」

されているので、今回の仕分け人は国民から選んでもらいたいものだ・・・


ダンススクール校長の独り言 icon137




Posted by TARO at 12:15│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。